ドイツの空港で始まるアイリススキャン

航空機乗客は、カメラが虹彩パターンの画像を自動的に撮影する識別装置の前に立つ必要があり、この試験に参加している企業は金曜日に言いました。そのうちの7つが空港に設置された虹彩システムは、乗客の虹彩を識別し、その情報をスキャナによって捕捉されたパスポートデータと照合する。成功した場合、虹彩システムは、空港入国カウンターで身元を確認するための従来のシステムを置き換えることができます。

当初、ルフトハンザで頻繁に飛行する欧州連合(EU)諸国とスイスの住民は、虹彩データを登録した後、フランクフルト空港で裁判に参加することができます。このプロジェクトを実施している企業のByometric SystemsとOki Electric Industryによれば、6ヶ月間の試験の後に本格的なサービスが開始される予定です。

2001年9月11日に続いて、米国、航空会社、ハイテク企業のテロ攻撃は、数多くのハイプロファイルなセキュリティ実験を開始しました。多くは、カードリーダーやバイオメトリックデバイスなどの二次的なセキュリティチェックを実施したり、調べたりしていますが、市民の自由主義者やプライバシー擁護派は、侵略的な実験を否定しています。

登録されたバイオメトリック特性が正確に一致することが保証されなければならない」と、ドイツのインテリアの大臣、オットー・シリーは声明の中で述べている。「アイリス認識は現在、最も安全なバイオメトリックシステムであると考えられている。

ByometricとOkiは、目の虹彩パターンの複雑さとランダム性が、指紋などの他の生体パターンよりも偽造することを難しくしていると語った。

Zuckerbergが火の下に: ‘Facebookはナパームの子供の有名なベトナムの写真を検閲するのが間違っています’

「GoogleのDeepMindは、マシンが人間のように話すことで大きなマイルストーンを主張している

Azure、Office 365:Microsoftの2つの新しいクラウド領域がデータプライバシーの問題に取り組んでいます

Tech Industry、Zuckerberg、火災:「Facebookはナパーム・チャイルドの有名なベトナムの写真を検閲するのに間違っている」、人工知能、GoogleのDeepMindはマシンが人間のように話すことで大きなマイルストーンを起こしている、Cloud、Azure、Office 365:Microsoftの2つの新しいクラウド領域がデータプライバシーに取り組むiPhone 7の普及に伴い、AppleのiOSは中国でさらに遅れをとっている

iPhone 7の普及に伴い、AppleのiOSは中国でさらに遅れる