Huawei、インドに新しいグローバルR&Dセンターを開設

中国の通信機器大手Huawei Technologiesは、同国における20億米ドルの5年間の投資計画の一環として、インドの新しいグローバル研究開発(R&D)センターでの作業を開始した。

インドのタイムズ紙は、通信業界の不透明感にもかかわらず、同社の売上高は2011年に20%増加して15億米ドルに達したとHuawei IndiaのCEO、Cai Liqunは述べている。成長を考えると、今後5年間で20億米ドルをインドに投資することを決定したという。

Bangaloreの新しいグローバルR&Dセンターは、2013年6月までに稼動する予定で、5,000人以上のスタッフを抱えていると、Times of Indiaは報告しています。

Caiによれば、グローバルテクノロジーセンター(GTEC)は、世界中の顧客に技術サポートを提供することに重点を置く。 Huaweiには、グローバルサービスリソースセンター(GSRC)とグローバルネットワークオペレーションセンター(GNOC)の2つのセンターがインドにあります。

「中国にはGTECがありますが、これは中国の外で初めてのことです。インディアンは言語優位性と技術力を備えているため、このセンターを活用したいと考えています。

Huawei IndiaのCEOはまた、インドの通信業界が直面している課題を認めました。 「インドの通信業界全体にとって、2012年は厳しい一年となるだろうと思う」と述べた。この期間は大きな投資は見込めないが、これが解決された後、インドの市場の。

インドで発生した15億米ドルの収益のうち、事業者の3G展開とネットワーク拡張に支えられて、12億米ドルがネットワーク事業から生じました。残った3億ドルは、携帯電話、ドングル、セットトップボックスなどの機器に由来しているという。

同氏は2012年の目標収益を明らかにすることを拒否したが、Huaweiはインドの4Gまたは長期契約(LTE)のビジネス契約市場に注目していると語った。同社はバンガロールにBharti Airtelの4G LTEネットワークをすでに導入しているという。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成

サムスンとTモバイルが5Gトライアルで協力

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

Telco、Telstra、Ericsson、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成、通信事業者、SamsungとT-Mobileが5G試用で共同、Cloud、Michael DellがEMC契約を締結: 「私たちは何十年にもわたって考えることができます