M’sian govtにオープンソースポリシーの再考を呼びかける

マレーシア – 一部の業界関係者がオープンソースに傾いた嗜好に基づく調達政策に対する不満を表明しているため、政府の調達政策をめぐる論争が起こった。

コラボレーション:今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?エンタープライズソフトウェア、Sweet SUSE! HPEはLinuxディストリビューション、Enterpriseソフトウェア、Appleは9月13日にiOS 10、9月20日にmacOS Sierra、Enterpriseソフトウェア、マイクロフォーカスに88億ドルで「非コア」ソフトウェア資産をオフロードする

マレーシア(Pikom)とコンピューティングテクノロジー産業協会(CompTIA)を含む業界団体は、マレーシア政府に対し、ソフトウェア購入の基準を見直すよう求めている。

マレーシア公共セクターのオープンソースソフトウェアマスタープランの下で、政府は、IT調達の第一選択はオープンソースプラットフォーム上で開発された情報通信ソリューションであると述べた。 「オープンソースソフトウェア(OSS)とプロプライエタリソフトウェアの利点と欠点が等しい状況では、OSSに優先権が与えられる」と述べています。

マレーシアの管理近代化と経営計画ユニット(Mampu)は、公共セクターのOSSイニシアチブを先導する責任を負う。

しかし、一部の業界コンソーシアムは、この方針に対する懸念を表明するために踏み出した。

CompTIAは、政府がソフトウェア資産を購入する際の技術的中立性を主張しています」と、CompTIAのアジア太平洋政策担当ディレクター、Michael Muddは言います。CompTIAは2万人以上の会員を擁し、 、ハードウェアメーカー、アプリケーションサービスプロバイダー、およびMicrosoftやNovellを含む商用ソフトウェア会社が含まれます。

Mudd氏は、「オープンスタンダード、技術的中立性、相互運用性は、ビジネスモデル自体よりもはるかに重要です。それが我々の見解です。

同氏は、ソフトウェアとハ​​ードウェアはそれぞれのメリットで調達されるべきであり、ビジネスモデルのために「特定のプレーヤー」によって除外されてはならないと付け加えた。

幅広い選択肢がある場合、料金は下がるだろう」と述べている。「仕事に最も適したものを買う選択の自由がなければならない。また、すべての顧客、政府、および民間部門にオプションを提示する必要があります。

マッドは、政府は入札プロセスに参加者を広げて、最も適切な技術が選択できるようにすべきだと述べた。

ピコム会長のリー・ブーン・コックも同意する。 「調達に関しては、オープンソースとプロプライエタリなソフトウェアのすべてのオプションを考慮してください。さらに重要なことに、これらのICT製品は、さまざまな機関や部門のシステム間の相互運用性を確保するために、オープンスタンダードに準拠する必要があります。

ソフトウェアは非常に複雑な問題である、と彼は言った。政府の調達プロセスには、オープンソースとプロプライエタリの両方のソフトウェアメーカーの入札参加者だけでなく、明らかにすべきである。指導原則は包括的で透明でなければならないと強調した。

しかしリー氏はまた、新たなトレンドとテクノロジーとしてオープンソースに対するPikomのサポートを強調した。実際、この協会には、この国のオープンソース運動の原因を支持するオープンソースの特別利益団体(SIG)があり、マレーシアのOSSの開発と普及に大きく貢献しているという。

両当事者は政府のOSS Masterplanをサポートしているが、LeeとMuddは、業界の将来の変化に適応するための柔軟性が必要であると指摘した。

プロプライエタリな視点; Pikomが代表する私たちの見解は、政府がOSSや商用のどの開発モデルを調達優先にするべきかを決めるべきではないということです」とマイクロソフトのアジア太平洋政策担当ゼネラルマネジャーであるPeter Mooreグレーターチャイナ

政府の調達方針は、メリット、明確な評価基準を備えた透明性、目的適合性、金銭価値、相互運用性に基づくべきである」と述べた。

ムーア氏は、ソフトウェア業界の技術サプライヤーは、国内外の市場の両方で顧客のニーズを最大限に満たすために、開発モデルを選択する必要があると付け加えました。

マレーシアのマレーシアのマネージングディレクター、V.R. Srivatsanは2005年5月の記事でOSS Masterplanにコメントし、OSSは知識ベース社会にとって重要な開発モデルであると認識していると語った。しかし、OSSの開発者や組織を商用ソフトウェアプロバイダの標準と同じ基準にするという明確な義務が政府機関に課されるべきだとも指摘した。

Srivatsanによると、政府の評価基準には、買収費用、スキルの入手可能性、法律およびベンダーのリスクと負債だけではなく、ベンダーのサポート能力と総所有コストが含まれるべきだと述べている。また、オラクルは最近、自社の製品とOSSの相互運用性を強化することを目指して、オープンソースのサポートを再確認しました。

Cordelia Leeは、マレーシアに拠点を置くフリーランスのITジャーナリストです。

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Appleは9月13日にiOS 10を、MacOS Sierraは9月20日にAppleをリリースする

HPEは、非コアのソフトウェア資産をMicro Focusに88億ドルで売却する