Dropbox、今年7月初の開発者会議を計画

Dropboxは、初めての開発者会議を計画することにより、クラウドベースのサービスの進化を加速しています。

“DBX”と名付けられたこのイベントは、7月9日火曜日、サンフランシスコのFort Masonで開催されます。

開発者は、Dropbox Platformの最新のリリースと機能について知り、Dropbox APIを扱うエンジニアリングチームや設計チームにも対応します。

したがって、開発者(Dropboxチームメンバーだけでなく)は、Dropboxを使って他の開発者が構築していることをよりよく把握することができます。

しかし、クラウドストレージプロバイダはこのイベントではじまっています。チケットは限られていると言われており、関心のある開発者は出席のために申請する必要があります。入場料として350ドルを超えるものもあります。

Dropboxは忙しかった、サービスのポートフォリオを強化し、最近は特に、ビジネスのためのサービスの改革、メールボックスなどの買収によって新たなサービスを追加している。

このような動きは、北カリフォルニアのスタートアップをBoxやEvernoteのようなものにする。これらの民間企業は徐々に、しかし確かに大きなクラウドベースのアプリの巨人(Googleなど)を警戒している。

クラウドコンピューティングの成長

クラウドコンピューティングは1度に1つのAPIを成長させ、開発者はApigeeを6億2500万ドルで買収し、ハードウェアはラズベリーパイが1000万回の売上を上げ、プレミアムバンドルで賞賛し、セキュリティは4年間後にNPAPI FlashをLinux用に復活させるスタシス

GoogleがApigeeを6億2,500万ドルで買収

ラズベリーパイは1000万回の売り上げを記録し、「プレミアム」バンドルで賞賛します

アドビは、4年間の停滞後、NPAPI Flash for Linuxを再編