CSGはEdith Cowan uniでオラクルと契約を結ぶ

ITサービスベンダーCSGは、パースのエディスコワン大学にOracle Identity and Access Managementシステムを展開するための新たな契約を獲得しました。

新しいシステムは、3つの既存の大学ITシステムを1つのOracle識別プラットフォームに置き換える予定です。

エディス・コーワン大学のプロジェクト執行責任者であるフィリップ・ドレイバー氏は、この実装を控えていました。

「私たちは、新しいプログラムを実施することに興奮しています。これにより、生徒や職員から生徒の生涯に渡って、大学との最初の接触から生涯にわたる単一の身元を維持することができます。 。

ビッグデータ分析、Oracleは、クラウドベースの倉庫管理用のLogFire、エンタープライズソフトウェア、アイ・オブ・オアアール・オープンワールド:エンタープライズソフトウェア、エンタープライズソフトウェア、Oracleデータベース12c R2:ブーム、バスト、またはメッシュアップグレードサイクル、クラウド、市場の勢いは、Oracle-NetSuiteの合併中に獲得することを目指す

CSGによると、この新しいシステムは、スタッフと学生のレコード、そしてITユーザーアカウントシステムとレコードの間のリンクも作成します。

Oracleシステムは、2011年6月までに導入される予定です。

オラクル、クラウドベースの倉庫管理用のLogFireを取得

Oracle OpenWorldに目を向けよう

オラクルのデータベース12c R2:ブーム、バスト、またはmehアップグレードサイクル

「Oracle NetSuiteの合併中に利益を得ることを目指す中期的な市場の勢いを掴む