2013年1月にEvernoteがインドのサポートを雇う

米国のメモ帳ソフトウェア開発者であるEvernoteは、来年1月にノイダのインドを拠点とするインドの企業を、インドのウッタル・プラデーシュ州のノイダにあるインドに雇用しています。

Evernoteはマーケティングや顧客サポートなどの市場開拓を支援する無名の会社を雇い、「Evernoteが既にインドで成長し続ける他のオフィスからやっている仕事」を補う。

Evernote Asia-PacificのゼネラルマネージャであるTroy Malone氏は、Evernoteを使用するナレッジワーカーの数が増えているインドでは、ビジネスの拡大と潜在的可能性が高いと指摘した。マローン氏は、「インドのオフィスを正式に1月1日に開設する可能性が高い」と語った。インドは現在、約70万人のEvernoteユーザーを抱えており、その数は毎日約1,600人の割合で増加していると同氏は指摘する。

同氏は、同社の製品にアプリケーションを統合するために、同社がインドの様々な電話メーカーや通信事業者と話していたと語った。インドのサポート会社は、一度オンラインになると、同国のEvernoteユーザーにローカルサポートを提供します。

また、8月に米国で最初に導入され、今月に正式に開始されたEvernote Businessと呼ばれる有料のエンタープライズ版のアプリにも焦点を当てています。米国では、このサービスはユーザー1人あたり10ドルで、すぐにインドで利用可能となる、と同報告書は指摘している。

Evernote’sにはアジアに4つのオフィス(韓国、日本、中国、台北)があります。マローン氏は昨年10月、シンガポールでのインタビューでアジアのウェブサイトに語ったところで、Evernoteは地方の事務所を設立することを検討していたが、都市の状態では詳細は明らかにしなかった。

クラウドコンピューティングの成長

GoogleがApigeeを6億2,500万ドルで買収

クラウドコンピューティングは1度に1つのAPIを成長させ、開発者はApigeeを6億2500万ドルで買収し、ハードウェアはラズベリーパイが1000万回の売上を上げ、プレミアムバンドルで賞賛し、セキュリティは4年間後にNPAPI FlashをLinux用に復活させるスタシス

ラズベリーパイは1000万回の売り上げを記録し、「プレミアム」バンドルで賞賛します

アドビは、4年間の停滞後、NPAPI Flash for Linuxを再編