Brocade、新製品でSDN戦略を推進

シンガポール – ネットワーキングベンダーBrocadeは、ソフトウェア定義ネットワークへの不可避的な動きを予期するため、新しいイーサネットファブリックスイッチを発表しました。

データセンター:IBMは新しいLinux、Power8、OpenPowerシステム、Cloud、マイケル・デル、EMCの契約を締結した:「何十年にもわたって考えることができる、データセンター、Dellテクノロジーズ・リフトオフ:Dell、EMC、人工知能; Nvidiaは非営利研究のAIスーパーコンピュータを提供

BrocadeのJohn McHugh副社長兼CMOは、VDX 8770スイッチはデータセンターの拡張性を高め、単一のVCSファブリックを最大8,000個のスイッチポートに拡張し、最大384,000台の仮想マシンをサポートできることを発表しました。 。

今日の仮想化されたクラウド中心のデータセンターやアーキテクチャでは、アプリケーションのパフォーマンスはネットワークインフラストラクチャの効率と利用率に大きく依存しているとMcHugh氏は述べています。これをサポートするために、顧客はオンデマンドでスケールアウトできる必要があると彼は付け加えた。

彼は、新しいスイッチには、1スロットあたり4TBのデータを処理できるバックプレーンが搭載されており、将来のテクノロジのサポートとパフォーマンスの向上を目的としています。

これは、Brocadeの広範な戦略の一環として、顧客がより柔軟にIT資産を活用できるようにすることを宣伝したソフトウェア定義のネットワーキング(SDN)に取り組んでいます。

McHughは、SDNの採用は2016年までに20億米ドルの市場になると予想していると指摘した。

「SDNはネットワーキング業界を商品化するつもりはないが、実際には、より安全なミッションクリティカルなインフラストラクチャーを重視するだろう」と批評家から話している。

しかし、アジア太平洋地域での採用は依然として不安定だった、と彼は言った。

McHugh氏は、サービスプロバイダーがこの地域でSDNの採用を担当すると述べていますが、多くの組織は「他の誰かがそれを最初に採用するのを待っています」と述べています。

「それでも、日本はSDNの採用に特に積極的だった」と彼は語った。

IDCアジア太平洋地域でのエンタープライズサーバー研究の責任者、Rajnish Arora氏によると、ここで日本がリードしている理由の1つは、リッチメディアコンテンツの提供への急速な転換です。

IBM、新しいLinux、Power8、OpenPowerシステムを発表

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

Dell Technologiesがリフトオフする:ここでは、Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合

Nvidiaは非営利の研究のためにAIスーパーコンピュータを提供