HP、SAP HANA as a serviceを発表

HPは、企業が先行投資を抑えて大きなデータを分析することを可能にする目的で、SAPのHANAインメモリデータベース技術をSaaS(as-a-service)モデルとして提供する予定で、「HANAプラットフォーム」に接続することができます。 「数週間ではなく数週間で」とHPは述べています。

プレスリリースによると、このパッケージには、HANAソフトウェアライセンスとハードウェアおよび継続的な管理がバンドルされる予定です。 HPのマネージドクラウド環境では、管理された仮想プライベートクラウドまたは管理されたプライベートクラウドとして、地元のHPデータセンター内で実行されます。

顧客は、オンデマンドで拡大縮小するオプションを使用して5年間のコミットメントに基づいて毎月の加入料を支払って、資本的支出(CAPEX)から営業支出(OPEX)に移行することができます。価格はクライアント環境と、Business Warehouse、Enterprise Edition、Suite on HANAなどのニーズに応じて異なります.Anita Paul、HPアジア太平洋および日本のエンタープライズアプリケーションサービスシニアディレクターがWebサイトに語った。

HPは、顧客がツールを活用して、大量のデータを迅速に分析して意思決定を行うことができるようになると付け加えました。

この製品は、顧客の需要と関心に基づいて、オーストラリアとニュージーランドで最初に発売される予定です。 「HPとSAPはともにANZ [オーストラリアとニュージーランド]で非常に強みを発揮しているので、すでに構築されている協力関係の基盤がありました”ポールは言った。 ANZはまた、小規模から大規模の需要に向かう企業に優れた環境を提供し、さまざまな規模の要件に合わせるのに理想的でした。

LinkedInが新しいブログプラットフォームを発表

これはBig OLAPの時代ですか?

DataRobotは、データサイエンスの果実を自動化することを目指しています

MapRの創設者John Schroederが辞任し、COOが辞任

ビッグデータ分析、Big Data Analytics、DataRobotはデータサイエンスの欠点を自動化することを目指している、Big Data Analytics、MapR創設者のJohn Schroederが辞任し、交換するCOO