System Center 2012でプライベートクラウドを構築する:第2部

Microsoft Private Cloudの最初の段階では、適切なサーバーの調達、System Center 2012の実行に必要な7つの仮想マシンの構成、およびプライベートクラウド管理に必要なコンポーネントのインストールに数日間費やしました。

エンタープライズソフトウェア、Sweet SUSE! HPは、Linuxディストリビューションを支えるLinuxディストリビューション、Cloud、Twilioは新しいエンタープライズプランを展開し、CloudはIntel、Ericssonはメディア業界に重点を置くようにパートナーシップを拡大、XeroはBPay支払いのためにMacquarie Bankと提携

それは長いプロセスでした。私たちは足で考えなければなりませんでしたが、頭を最小限に抑えて逃げました。しかし、これは旅の始まりに過ぎませんでした。第2部では、System Center 2012ツールに参加して、プロセスの次の段階を進めています。

はじめにMicrosoftのプライベートクラウド評価ガイドによれば、System Center 2012の最大の強みの1つは、プライベートクラウドの概念全体を支えるアプローチである「ワークフロー、知識およびデータ管理に対する統合アプローチ」です。

ただし、その統合は魔法によってのみ現れるものではなく、System Center 2012 Integration Packを使用してプログラミングする必要があります。さらに、最初にパックを登録して展開し、System Centerコンポーネントをインストールしたサーバーで動作するようにパックを個別に構成する必要がありました。

これは特に複雑な仕事ではありませんでした。評価ガイドの指示に従ってください。しかし、それは非常に繰り返し、時間がかかりました。途中で避けられない技術的な問題がありました。最初の不具合は、すべてのWindows Serverライセンスを再度アクティブ化する必要があることでした。

実際の生活と同じように、プライベートクラウドの評価をフルタイムで実行することはできず、最初に仮想マシンを構成してから数週間が経過しているため、これは必要でした。起動時には、それぞれが起動を要求され、ポイントを強調するために青色のデスクトップではなく黒色のデスクトップが表示されます。

この命令では、7つのVMのそれぞれでWindows Server 2008 R2をアクティブ化するための猶予期間を延長する必要があると主張しました。十分に単純です。Windowsを起動してログインし、必要なコマンド(slmgr -rearm)を入力して再起動します。

これを7回行うことは十分に退屈なことでしたが、10日ごとにプロセスを繰り返す必要があります。幸いにも、コントロールパネルからWindowsを起動するオプションを選択するだけで、私たちの評価コピーは180日間完全にライセンスされていました。だからそれはどのように動作するのです!

インテグレーションパックの登録と展開:インテグレーションパックの登録プロセスを開始した直後に2つ目の問題が発生しました(一部のツールではIPと混同することがあります)。これは、System Center 2012 Orchestrator Deployment Managerを使用してOrchestratorサーバー上で実行されます。このマネージャには、このタスクを支援するウィザードがあります。これは非常にうまくいきますが、統合パックを最初にダウンロードする必要があります。評価ガイドでは省略して説明しています。

それでも、気にしないでください。迅速なGoogle検索ですぐにパックが見つかった。正式にダウンロードされたパックは、Orchestratorサーバーに登録されたウィザードを使用していた。ただし、Virtual Machine Managerから始めて、Data Protection Manager、Operations Manager、およびService Managerの順に各パックを個別に登録する必要があったため、しばらく時間がかかりました。

Active Directory Integration Packについては言及されていませんが、ガイドの後半では、評価を完了するためにもこれが必要であると言われています。私たちはガイドを通して宗教的に道を進んでいたので、あまりにも遅くなるまでこの情報を発見しませんでした。評価を計画している場合は、この時点でActive Directoryパックを他のものと一緒に組み込むことで、時間を節約できます。

次のステップは、新たに登録された統合パックをRunbookサーバーに導入することでした。これは、Runbooksにタスクとプロセスを自動化するための手順が含まれているため重要なステップです。

私たちのケースでは、RunbookサーバーはOrchestratorサーバーでもあったため、通常のウィザードを使用してOrchestrator Deployment Managerからも実行されたことは驚きではありませんでした。かつて、争うべき問題はなかった。

統合パックの設定;次に、当社のサーバーを使用するように統合パックを設定する必要がありました。これは、各サーバーの名前、ホストドメイン、適切なユーザー名とパスワードをVirtual Machine Managerパックから指定することを意味していました。

しかし、これを行う前に、VMMサーバーにすばやくログオンし、PowerShellを使用して構成ファイルとスクリプトをリモートで実行する必要がありました。

これで、Orchestrator Runbook Designerが開かれ、評価ガイドの指示に従ってVMM統合パックが構成されました。私たちのテストドメインはellipsis.localと呼ばれ、私たちは認証にローカル管理者アカウントを使用していました。

次に、4つの他のインテグレーションパックのそれぞれについて、手紙のガイドに従うのではなく、時間を節約するためにActive Directoryパックを含めることを忘れないように、プロセスを繰り返しました。

かなり複雑なサーバーを作成するときに、すべての名前を正しく入力するように注意する必要もあります。いくつかのパックでは接続をテストできますが(以下に示すService Managerのように)、オプションを提供しないものもあります。

また、Operations Manager統合パックについては、まずOperations ManagerコンソールをOrchestratorサーバーにインストールする必要があります。何らかの理由で、必要なプロセスについては、評価ガイドの後の付録Bに記載されています。このガイドでは、Operations ManagerコンソールをVirtual Machine Managerサーバーにインストールする必要があると伝えられています。

幸いにも、これは、元のプライベートクラウドのダウンロードに含まれているOperations Managerセットアッププログラムを使用して、比較的簡単であることが判明しました。しかし、最初に.NET Framework 4.0をOrchestratorサーバーにインストールし、Microsoft Report Viewer 2010を配置したら、これとVMMサーバーの両方に配布する必要がありました。

その後、Orchestrator VMMに戻り、Operations Manager統合パックを構成することができました。このパックには、接続をテストするオプションがあります。

最後に、Data Protection Managerのプロセスを繰り返しましたが、唯一の前提条件は、別の簡単なPowerShellコマンドを入力してDPMサーバーでPowerShellリモート処理を最初に有効にすることです。

Magnum opus;唯一必要とされた作業は、練習のためのいくつかのユーザーアカウントを作成することでした。主なものは、私たちの神秘的なデータセンター管理者であるJeffと私たちのプライベートクラウドに配備される基幹業務アプリケーションを担当するアプリケーション所有者であるEmilyでした。いくつかの他のものも必要ですが、それらについて話をし、他のステップではすべてのSystem Centerコンポーネントを一緒に参加させる必要があります。

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大

?Xero、BPAY支払いのためにMacquarie Bankと提携