Fusion-ioは、Facebook、アップル、それが高い、売れ筋のフラッシュをターゲットに

Fusion-ioは、NAND型フラッシュカードファミリを発表しました。これは、「スタックして安く売る」という小売格言からインスピレーションを得ています。

クラウドコンピューティングは水や電気ほど重要になってきています。しかし、どの企業がこのシフトから利益を得るために立っており、どの企業が失うだろうか?ウェブサイトの完全なガイドを読んでください。

ioScaleという名前のPCIeフラッシュドライブの範囲は、100以上のバッチでのみ購入でき、容量はドライブごとに410GBから最大3.2TBまで異なります。

ドライブにはFusion-ioの最新のギガバイトの最低価格も付いています。顧客が最大3.2TBのioScaleドライブを100台購入すると、ギガバイトあたり3.89ドルのフラッシュストレージが3.2PBになります(容量を低くするとギガバイトあたりのコストが増加します)。価格には、ハードウェアと一緒にすべてのソフトウェアライセンスが含まれており、100ユニットでは1.24m、ドライブあたりでは約12,000ドルとなります。 Fusion-ioのCEOであるDavid Flynnは、これは公式の定価だが、顧客が取引を打ち切った後、さらに落とすことができるという。

だから、50TBから3.2PBのサーバ接続のマルチレベル・セル・フラッシュ・ストレージのために、100万ドルを超えるキャッシュと低レイテンシのストレージ要件を持つ人はいますか?その答えは、Fusion-ioのトップ顧客の2つ、FacebookとAppleのような企業だとFlynn氏は言う。

これらのIOメモリベースのデバイスは、大規模なハイパースケール顧客向けに設計されています」とハイパスケールの市場では、顧客はより卸売価格を購入したいと考えています。

Fusion-ioは、そのような顧客の購買習慣のために自社製品の量産価格を導入する方向に移行しました。ハイパースケール(低レイテンシのサーバに接続されたメモリを必要とする絶対的に巨大なウェブサイト)のハイテク・プロパティは「エンタープライズ・サーバ・ベンダーを通じて購入しない」とフリン氏は言う。

これはテクノロジー業界の幹部らが確認したもので、主なクラウド企業はすべて、製造元(通常はWistronやFoxconnやQuantaなどのアジアのデバイスメーカー)に直接行くことを好みます。

エンタープライズソフトウェア、Sweet SUSE! HPは、Linuxディストリビューションを支えるLinuxディストリビューション、Cloud、Twilioは新しいエンタープライズプランを展開し、CloudはIntel、Ericssonはメディア業界に重点を置くようにパートナーシップを拡大、XeroはBPay支払いのためにMacquarie Bankと提携

また、アナリストのガートナーの最近の数字によると、従来のOEMは、各四半期に出荷するサーバーの量を増やすために苦労し、アジアのライバルは市場シェアを拡大​​しました。

これらのすべての要素を念頭に置いて、Fusion-ioの動きは理にかなっています。ハードウェアの運命が商品価格で商品の数量で購入されるならば、その試みを試してみることもできます。

「サプライチェーンの効率性は、ioScaleの重要な要素です」 – David Flynn、Fusion-io

そのため、ioScaleデバイスは、Fusion-ioの他の製品より安価なNANDフラッシュを使用する、低コストのioFX製品の本質的に再設計されたバージョンです。

「ioScaleの重要な点の1つは、契約メーカーがよりターンキーな方法で対応できるモデルに移行したことです。サプライチェーンの効率性は、ioScaleの重要な要素です。

3.2TB ioScale 100台の場合のギガバイトあたりの価格は3.89ドルで、ioDrive2の場合はGB当たり約11ドル、シングルIOFXの場合は5ドル以下です(Fusion-ioは正確な価格を開示しません)。

各ioScaleカードの最小読み取り帯域幅は1.4GBps、最小書き込み帯域幅は700MBpsです。書き込み速度は容量が増え、3.2TBカードは1.3GBpsで書き込むことができます。

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大

?Xero、BPAY支払いのためにMacquarie Bankと提携