BMC SoftwareのMyITプラットフォームが従業員にITコントロールを引き渡す

IT部門は、従業員が個人用のデバイスを職場に持ち込むことで既に取り組んでいるが、BMCソフトウェアはさらに多くの制御を消費者に引き渡す可能性がある。

コラボレーション:今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?エンタープライズソフトウェア、Sweet SUSE! HPEはLinuxディストリビューション、Enterpriseソフトウェア、Appleは9月13日にiOS 10、9月20日にmacOS Sierra、Enterpriseソフトウェア、マイクロフォーカスに88億ドルで「非コア」ソフトウェア資産をオフロードする

BMCは、新しいMyITソリューションは、「IT部門の力を消費者の手に渡す」という点で、「IT部門を扱う際の苦労点」のすべてを根絶するように設計されていると語った。

基本的に、MyITは、従業員がいつでもどこでも接続されたデバイスから、いつでも使用して必要なITサービスを管理するために使用できるセルフサービスポータルであると考えられています。

新しいBMCプラットフォームには、コンテンツロッカー、モバイル企業のApp Store、その他のロケーション対応サービスとソリューションを備えた、各従業員に固有のパーソナライズされたサービスポートフォリオが含まれています。

たとえば、個々の従業員に関連するサービスや情報は、従業員の所在地が変更されたとき、および/または更新がプッシュされたときに更新されます。

BMCは、推定された時間とリソースを見積もって計算すると、MyITは会社の規模に応じてITコストを最大25%削減することができます。

当然ながら、これは、ITの優先事項に関して、従業員が最初に何を持っているべきかについての議論を引き起こす可能性があります。

しかし、BMCの最高技術責任者(CIO)であるKia Behniaは、企業のIT部門と従業員の間にはすでに大きなギャップがあると主張した。したがって、MyITはそのギャップを埋めるために宣伝されている。

今日、強力な皮肉なことに、従業員の個人的なIT経験は、仕事中のIT経験よりもはるかに優れていますが、仕事に行くときに個人のITの生産的価値を放棄することを余儀なくされています。

世界中の何百万人もの社員からの変化に対する「要求信号」は間違いありません。従業員は、ITサービスと情報配信の現代的な「店頭」と、仕事をするために必要なITサービスと情報を管理および制御する「天才バー」の能力を提供するIT組織を求めています。 IT組織はこの変化に対応しなければなりません。MyITは、産業化されたインフラを仲間のニーズと期待に結びつける橋渡しです。

MyITは12月に限られた視聴者に利用可能となり、2013年4月に一般に利用可能となる予定です。

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Appleは9月13日にiOS 10を、MacOS Sierraは9月20日にAppleをリリースする

HPEは、非コアのソフトウェア資産をMicro Focusに88億ドルで売却する