Deakin UniがCisco Unified Computingを選択

シカゴのテクノロジー大手シスコは、本日、Deakin Universityが大学の新しいデータセンター内でUnified Computing Systemプラットフォームを展開すると発表しました。

シスコによれば、データ仮想化、イーサネットネットワーキング、コンピューティングテクノロジーを統合したユニファイドコンピューティングシステムプラットフォームは、ソフトウェアアプリケーションを学生やスタッフに提供する方法のスピードアップに役立ちます。テクノロジー会社は、プラットフォームが、大学のデータセンターのカーボンフットプリントを削減するサーバーとケーブルの量を減らすことを可能にしたことを誇りに思っています。

Dimension Dataは、BurwoodとGeelong(ビクトリア州)の大学のキャンパスでプラットフォームの設計と展開を請け負っています。新しいシステムは、大学の既存のCiscoボーダレスネットワークアーキテクチャと統合されます。

シスコ、コンテナのスタートアップコンテナを購入

シスコはコンテナのスタートアップContainerX、イノベーション、リオオリンピックの技術遺産、インターネットの購入、シスコは最新のリストラで5,500人の雇用を削減する、ネットワーキング、シスコは最大14,000人のスタッフを雇用する:レポート

リオオリンピックのハイテク遺産

シスコは最新のリストラで5,500人の雇用を削減する

シスコは、最大14,000人のスタッフを雇用しています。