最初のテイク:Palm OS Cobalt 6.1レビュー

PalmSourceは、3つの新しいハードウェア製造ライセンシー、GSPDA、Inventec Appliances Corp.(IAC)およびPortable Innovation Technology Limited(PiTech)を発表しました。これらの企業は、他の企業にライセンス供与するためのハードウェアを製造しています。たとえば、ネットワークオペレータは、自社の市場でデバイスを差別化するために集中することができます。

Cobalt 6.1には、Wi-FiとBluetooth、GSMとGPRSのサポートが含まれています。また、オペレーティングシステムはSDIOをサポートし、アプリケーション内またはアプリケーション間の片方向および5方向のナビゲーションを可能にし、ユーザーが複数の設定を維持および管理できるようにする新しいPreferencesアプリケーションを導入しています。

Cobalt 6.1には、信号強度とバッテリ寿命のアイコンが含まれています。重要なのは、新しいフォームファクタを作成しようとするハードウェアメーカにとって、OSはQVGA(240 x 320)、HVGA(320 x 480)、VGA(640 x 480)の表示解像度を横向きと縦向きの両方でサポートしています。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン