シンガポールのInfocomm開発当局がeFestival Asiaを組織する

シンガポール2月15日 – シンガポールのInfocomm Development Authorityがシンガポール初のマルチメディアフェスティバルを開催し、インターネットとブロードバンドアプリケーションの普及意識を高めようとしています。 3月1日から7日まで、eFestivalは業界の専門家と選手を集め、オンラインアプリケーションを紹介します。

オンラインゲーム、WAP電話、ビデオフォン、3Dバーチャルショッピング、ユニファイドメッセージング、その他多くのデジタルイノベーションは、eFestivalをマルチメディア業界の魅力としています。 eFestivalはeCelebrationsとして知られている大規模な5週間の長いプログラムの一部です。 eCelebrationsシンガポールには、Youth Got IT、Electronic Theater、One Challenge、Family、InfoSearch Contest、ICT芸術祭などの公開イベントがあります。

出展予定者には、Asiasmart、DiscVault、iT21、Quicken Online、Singapore Cable Vision、Singtel Magix、2bSURE.comなどがあります。

さらに、国内外の専門家は、「鳥の羽」という会議で、アニメーションや特殊効果、3D、バーチャルリアリティ、デジタルアート、音楽に関する専門知識と思考を共有する予定です。

開催日:3月1日〜7日、2000年会場:シンガポール国際会議場、コンベンションセンター、時間:3月1日〜6日、(10am – 10pm)、3月7日(10 am – 4pm)、入場料:

TPG、シンガポールのモバイルスペクトルオークションに参加

VPNの禁止は、著作権を差別的に保護し、ユーザーを地下に追いやる

シンガポールで自転車タクシーを無料で提供

通信事業者、TPGはシンガポールのモバイルスペクトルオークションに参加するために適用されるセキュリティ、著作権差別を保護するためのVPN禁止、地下ユーザーを運転する;革新;シンガポールでフリーライドを提供する自己運転タクシー;銀行;シンガポールはfintech実験

シンガポール、fintech実験のための実験室を開く