Dell PowerEdge T110 IIおよびR210 II

デルは、インテルのSandy Bridgeアーキテクチャ(Xeon E3-1200シリーズ)の最新サーバー実装を行い、中小企業向けのPowerEdgeサーバーラインをリフレッシュするために使用しています。具体的には、タワーケース(T110 II)とコンパクト1Uラックサーバー(R210 II)の2つの新製品を投入しました。

異なるフォーマットにもかかわらず、Intel C202チップセットの周りに構築された同様のマザーボードには、Xeon E3-1200ファミリから単一のプロセッサを搭載するソケットと、4つのDIMMで最大32GBのDDR3メモリスロット。

Dellのタワー型PowerEdge T110およびラックマウントR210はいずれも、Intel Xeon E3-1200ファミリのCPUとC202チップセットを使用しています

2つのサーバーには、少なくともコントローラー側でも同様のオプションがあります。デルのソフトウェアベースのPERC S100が標準装備されています。バイヤーにとっては、SASおよびSATAドライブの柔軟性とサポートを求めているオプションのプラグインPERCハードウェアコントローラがあります。

データセンター:IBMは新しいLinux、Power8、OpenPowerシステム、Cloud、マイケル・デル、EMCの契約を締結した:「何十年にもわたって考えることができる、データセンター、Dellテクノロジーズ・リフトオフ:Dell、EMC、人工知能; Nvidiaは非営利研究のAIスーパーコンピュータを提供

基本的な類似点を考えれば、このデュオと同じレベルのパフォーマンスを期待することは不合理ではなく、テストではそれらの間で選択することはほとんどありませんでした。基本的な形式では、両方とも基本的なファイル共有および印刷共有の任務に使用でき、適切なオプションを使用すると、電子メール、コラボレーション、Webサーバー、およびより特殊な小規模ビジネスアプリケーションをホストするように構成できます。しかし、彼らは非常に多くの予算を提供するタワーと、別のバイヤーを目指しています。これは、見出しのマーケティングクレームを超えて見れば、すぐに明らかになります。

例えば、ラックマウントされたR210 IIには、Xeon E3-1280の最上位機種が搭載されており、4つのプロセッシングコア、8つのスレッド、3.5GHzのクロック速度を備えています。タワーを選択して、上部のオプションは、E3 – 1280の95Wと比較して、3.4GHzのクロック速度と80WのTDPを持つ少し遅いE3-1270です。巨大な違いはありませんが、パフォーマンスが重要な場合は注意する価値があります。

もちろん、多くのSMEアプリケーション(ファイル共有やプリント共有など)では、プロセッサ仕様の違いはほとんどありません。だから、予算上のものであれば、デュアルコア3.1GHzコアi3-2100プロセッサは、デュアルコアPentium G600 / G800を搭載した両方のプラットフォームで注文できます。価格ダウン。

PowerEdge T110(左)とR210(右)の内部には、

RAMの仕様は2台のサーバで同じですが、私たちは16GBを4枚のDIMMに搭載しています。同じビデオコントローラ、USBポートのクラッチ、外部ストレージ用のeSATAコネクタがあり、バックアップに役立ちます。

しかし、R210 IIでは、シャーシの背面に2つのギガビットイーサネットインターフェイスがありますが、T110 IIタワーには1つだけあります。ラックシャーシにはテスト済みのサーバ上のPERC H200 RAIDカードが搭載されていますが、タワーケースには4つのPCIeスロットを備えた追加のネットワークカードを接続することができます。

1U R210 IIの物理的なスペースがないため、収容可能なストレージの量も制限されています。ドライブまたは4つの2.5インチドライブ。一方、T110 IIは、4つの3.5inchケーブルを収納できます。ドライブ、または6ドライブの場合2.5インチのために行く。シャーシでは、ストレージに関する多くの選択肢と、設定可能な冗長性のレベルを提供します。

Dellが引用した最大内部ストレージは、T110 IIタワーで12TB、R210ラックで6TBです。これは、大部分の小規模企業にとって十分なものでなければなりません。当社のレビューサーバーは、わずか250GB 3.5インチで出荷されます。 SATAディスクは内部にあります。ラックに2つ、タワーに3つあります。どちらのサーバーもPERCハードウェアRAIDアダプタを使用していたため、必要に応じてSASまたはSSDストレージで指定することができました。もちろん、外部ストレージまたはSAN接続のオプションが常にあります。

私たちのテストサーバーにはオペレーティングシステムがインストールされていなかったので、Windows Server 2008 R2をそれぞれにロードしました。ここでは、2つの製品の最大の違いの1つが明らかになりました。パフォーマンスや機能性ではなく、リモートセットアップと管理という点で明らかです。

残念ながら、T110 IIの唯一の管理オプションは、基本的なIPMIリモート管理を提供する統合ベースボードコントローラです。これはオフィスが1つだけの小規模ビジネスではあまり問題にはなりませんが、Windows Serverインストールディスクから起動してサーバーを起動して実行し、サーバーの前に座ってこの作業を実行するという選択肢がありませんでした。

1U R210の内蔵Dellリモートアクセスコントローラ(iDRAC 6 Enterprise)は、グラフィカルなリモートコンソール

一方、R210 IIには、iDRACのさまざまな管理オプションを指定することができます。お支払いの準備ができている場合は、Dell独自のライフサイクルコントローラとリモートアクセス用の専用ネットワークポートのサポートが含まれます。安価ではありませんが、管理を大幅に簡素化できます。たとえば、テストサーバー上のiDRAC 6 Enterpriseコントローラは、Windows Server OSをLAN経由でインストールするためのグラフィカルなリモートコンソールと仮想メディアのサポートを備えています。遠隔の支社にサーバーを展開している場合は非常に便利です。

全体的に我々はデルの新しいエントリーレベルのサーバーに非常に感銘を受けました。彼らとしばらくの間、同じ基本的なプロセッサとメモリオプションを共有していたにもかかわらず、実際には2つの全く異なるプラットフォームであることは明らかでした。

T110 IIは主に1つのオフィスだけで小規模ビジネスを対象としています。タワーシャーシでは小規模なストレージを始め、必要に応じて余分なオプションを追加するスコープを提供する汎用サーバーが必要です。対照的に、R210 IIは、より大規模な組織や複数のサイトを持つ組織に、より多くのものをアピールします。非常にコンパクトな1Uシャーシは本物のプラスです。これにより、R210 IIは小さな壁または床に取り付けられたキャビネットに収納できます。 R210は、Dellの大企業サーバーと同等のリモート管理も提供します。

PowerEdge T110とR210は、それぞれ954ポンドと1,493ポンド(元VAT)の同等の良い買物です。しかし、それらは同一ではなく、相違点を理解するために時間を割く価値があるので、関連するタスクやタイプの展開に最適なプラットフォームを得ることができます。

IBM、新しいLinux、Power8、OpenPowerシステムを発表

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

Dell Technologiesがリフトオフする:ここでは、Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合

Nvidiaは非営利の研究のためにAIスーパーコンピュータを提供