グリーンコスト:1台のPCに20ドル、サーバーあたり30ドル

インテルが支援するClimate Savers Computing Initiative(CSCI)プログラムは現在オーストラリアで活動していますが、グリーンITコンソーシアムがオーストラリアのIT関連温室効果ガス排出量を50%削減するという目標を追求しているため、今後2年間で

レノボ・オーストラリア・ニュージーランドのデスクトップとノートブックのビジネス・マネージャー、オットー・ルッティンガー氏は、多くのお客様が「提案はうまくいきました」と多くのお客様が考えています。そのハードル。

インテルのEco-Technologyの取り組みの世界的リーダーであり、CSCIの社長でもあるLori Wigel氏によると、より環境にやさしいIT機器を導入すると、短期間に顧客にコストがかかると認められた。

しかし、電気消費量の削減は、1年以内にこれらのコストを回収し、長期的な使用量を削減し、一般的なビジネスコミュニティに急速に明確かつ明確になっているビジネスケースをもたらすと彼女は述べた。

CSCIは去年米国で誕生し、現在インテル、デル、レノボ、オーストラリア情報産業協会(AIIA)、コンサルティング大手のCSC、EDSの支援を受け、積極的に環境に配慮している多くのIT企業 – フレンドリーなコンピューティングポリシー。

全員がビクトリアンICT閣僚Theo Theophanousに参加し、今週初めにメルボルンで開催されたGoing Green Expoの開幕に合わせて、このイニシアチブの支援を表明しました。

Theophanousは、よりエネルギー効率の高いハードウェアの購入とユーザーの行動の変化という2つのアプローチを通じた環境上の利点を認識しています。どちらも、ますます環境に配慮した政府やビジネスコミュニティをターゲットとしており、関連する排出量。

ガートナーは、IT業界が世界のCO2排出量の約2%を占めており、データセンターだけで毎年1.5%の温室効果ガスが発生していると推定しています。しかし、データセンターの専門家は、データセンターの消費電力を削減するためのさまざまなオプションを追求していますが、小規模なアクションでもエンドユーザー側で大きな違いを生む可能性があります。

ウィーゲル氏によれば、スクリーンセーバーオプションをオフにして、一定時間後にモニターをオフにする代わりに、PCの平均消費電力を60%削減することができます。電力管理技術を使用する。ノートブックユーザーは、バッテリ寿命を節約するために[電源に注意する]ことに慣れていますが、デスクトップユーザーは、PCが接続されていれば、心配する必要はないと想定しています。

ANZ BankとTelstraはすでにスクリーンセーバーを無効にしており、使用しない期間を過ぎるとコンピュータモニターをオフにするオプションを選択しています。 Telstraは、この単純な行動により、二酸化炭素の年間排出量を646トン削減すると推定しています。

CSCIは、2010年までにコンピュータの効率を50%向上させることを目標にしています。インテルは、55億ドル以上の関連エネルギーコストを節約するとしています。

マイケル・デル、VMware社の取締役会会長に就任

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

Dell TechnologiesがQ2の結果を掲載

Dell Technologiesがリフトオフする:ここでは、Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合

クラウド、マイケル・デルがVMware社の取締役会に就任クラウド、マイケル・デルがEMCとの契約を締結した:「デルは数年後に考えることができる」デルのテクノロジーはQ2の成果を発表した、データセンターはデル・テクノロジーズのリフトオフ: EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合