InFocus BigTouchレビューレビュー

プロフェッショナルスペシャリストのInFocusのBigTouchは、Windows 8 Proを搭載した大型(非常に大きな)オールインワンタッチスクリーンPCです。また、あなたの財布にも大差はないでしょう。 VAT、£3,599(VAT))、または米国で4,999ドル。 55インチのBigTouchは、教室や病院、ホテルのロビー、すばらしい会議室などを目指し、ノートブックやプロジェクターよりも魅力的な(そして取り除きにくい)ものが求められています。しかし、それはいろいろな点で印象的なシステムですが、価格タグは、現時点では、より裕福な組織へのBigTouchの魅力を制限します。

デザイン; BigTouchのサイズについて言及しましたか? 55インチのLCDを中心に構築されたこの大規模なAIOシステムは幅134.6cm×高さ82cm×高さ14cm(53インチ×32.3インチ×5.5インチ)、重さ55kg(122.4lb)です。 2人でも挑戦的なリフトです。

設計上、BigTouchはビジネス上のもので、スクリーンとPCのコンポーネントはスレートグレーのシルバーエッジのシャーシにマウントされています。大きな足の上に立って、重いユニットを適度に安定させます。リムーバブルPCユニットの背面には2つ、モニタの右側には4つのUSB 2.0ポートがあります。また、右側の4つのタイプAポートの上にUSBタイプBポートがあります。 USBポートの下には、モニターのオンスクリーンメニューシステム用の7つのコントロールと電源ボタンがあります。 CPU、RAM、ストレージ、およびWi-Fiモジュールを収納したPCユニットは、背面にネジ(取りはずす)をしっかりと固定し、2本のギガビットイーサネット(RJ-45)コネクタを備えていますUSBポート。取り外し可能なユニットの下には、HDMI(x2)、VGA、コンポーネント、コンポジットおよびSビデオ、RCAステレオオーディオイン/アウトコネクタ、3.5mmオーディオ入力/出力ジャックがあります。

55インチ液晶画面は大きく、特に高解像度ではない1,920 x 1,080ピクセルで、目に見える比較的大きな(0.63mm)ピクセルと低いピクセル密度(40ppi)になります。もちろん、この画面は密接に見えるのではなく、共同体のために設計されているので、水平面と垂直面の両方で良好な(178度)視野角で明るく、マットなアンチグレア仕上げが施されています。エッジマウントされた4つのカメラによって提供される5点タッチ機能は、スムーズに動作し、インタラクティブなプレゼンテーションや情報表示アプリケーションに適したプラットフォームを提供します。

私たちは「基本的な」BigTouchをレビューしましたが、InFocusがMondopad(この巨大なシステムをタブレットと比較することを主張しています)と呼ぶより高価なものが利用可能です。 Mondopadのアップグレードでは、4つのマイクアレイを内蔵した720p HDウェブカメラ、ステレオスピーカー(ツイーターを含む)とホワイトボードとコラボレーションアプリのセットを含む25W /チャンネルのサウンドバー、モバイルアプリ(Mondopad ConnectおよびControlView)。

特長; BigTouchのCPUは、2.5GHz(ターボモードでは最大3.2GHz)で動作する第2世代(2コア/ 4スレッド)のIntel Core i5-2520Mです。グラフィックスはCPU統合型グラフィックス3000 GPUによって処理され、4GBのDDR3 RAMがあり、オペレーティングシステムはWindows 8 Proです。

ストレージは、それぞれ550MB / sと500Mb / sのシーケンシャル・リード/ライト・レートを特長とする120GB Intel 520シリーズSATA III(6Gbps)ソリッド・ステート・ドライブによって提供されます。フラッシュカードスロットはないので、ストレージ容量を追加するには、USBスティック、ネットワークストレージ、またはクラウドベースのサービスを使用する必要があります。

ネットワークは、2つのギガビットイーサネットポートとデュアルバンド(2.4GHz / 5GHz)802.11a / b / g / n Wi-Fiによって処理されます。

性能と消費電力; BigTouchのWindowsエクスペリエンスインデックス(WEI)5.5(7.9のうち)は、最も性能の低いサブシステムであるグラフィックス(デスクトップグラフィックスパフォーマンス)によって決まります。残りのスコアは、5.9、ゲームグラフィックス(3Dビジネスとゲームグラフィックスのパフォーマンス)、プロセッサ6.2(1秒あたりの計算)、プライマリハードディスク(Disk data転送レート)7.6

要求の高い合成Cinebench 11.5ベンチマークを使用して、統合されたHDグラフィックス4000とDellのOptiPlex 9010 AIO、さらにこの場合はHDグラフィックス2500を搭載したBigTouchから同様のOpenGLスコアを見つけます。OptiPlexのより高速な(3.0GHz) Core i5プロセッサと8GBのRAMを搭載し、CPUテストでBigTouchに勝る

ATTOディスクベンチマークを使用して120GBインテルSSDのパフォーマンスを測定しました。このディスクベンチマークでは、最大269.5MB / sの読み取りと140MB /秒の書き込みが報告されています。これはIntelのヘッドライン550MB / sと500MB / sの速度にはまだ足りないが、BigTouchにはプライマリハードディスクの7.2 / 7.9 WEIサブスクリプション

BigTouchの仕様はまさに地球破砕ではありませんが、55インチLCDは、特に明るさを上げる場合は、かなりの電力量を消費します。どれくらいの量であるかを知るため、様々なアイドル/負荷と画面の明るさの組み合わせでVoltcraft VC940 Plus電圧計を使用して消費電力を測定しました

画面の明るさが50%になると、消費電力は高くなりますが、負荷の下では177Wでは過度ではありません(この場合はCinebench 11.5を実行しています)。ただし、アイドリング時には311W、負荷がかかっている時には331Wになるようにすると、ワット数が大幅に増加します。

まとめBigTouchは、これまでに見た中で最大かつ最大のオールインワンPCで、プレゼンテーション、教室、または看板の状況でニッチを見つけることができます。その仕様は(それに求められる可能性のあるタスクには適していますが)最先端はほとんどなく、明るさを上げて多くの電力を消費します。しかし、あなたがそれを持ち上げようとすると、システムの価格はほぼ目を奪われます。多くの場合、ラップトップとミッドレンジプロジェクターは、よりコスト効率の高いソリューションとなります。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン