ゲートウェイが新しいCEOを獲得 – 再び

彼は6年間で5番目のCEO(4つの永久および1つの暫定)であり、前任者と同様に、ゲートウェイをPCビジネスの予算終了から守るという課題に直面するでしょう。同社は引き続きPCを急速に出荷しているが、一貫して利益をあげることは困難であった。

電話のインタビューの中でコールマン氏は、短期間で同社の戦略を変更する可能性は低いと語ったが、時間がたつにつれて企業を成長させ、事業部門を指揮しようとしている。

彼はまた、過去2年間にDellを悩ませてきた問題であるカスタマーサービスに重点を置いていきます。

私は、サービスと質の高い顧客が、顧客との差別化要因であるとの信念を持って、この仕事に就いています」と、ブランド認知度と偉大な製品を持つ企業をリードするユニークな機会です。

コールマン氏は、以前にも会社を回るのを手伝ってくれたと指摘した。コンピュコシステムズのCEOは10年代初期の段階で、企業向けのPCやハードウェアの売り手からサービスプロバイダーへの転換を支援しました。 CompuComの競合他社の多くは、すぐに反応せず、衰退しました。 CompuComの後、Colemanは販売代理店のArrow Electronicsに行きました。 CompuComとArrowより前は、Computer Sciences Corp.とIBMで働いていました。

コールマンは彼のために彼の仕事を切り抜けます。ここ数年間、Gatewayはさまざまな戦略を試しています。つまり、家電製品を購入し、店舗を廃止し、小売店舗を増やして小口顧客を目指していますが、利益面では不安を抱いています。

同社は2005年第2四半期に純利益を計上した。黒字は13回連続して黒字となった。その後、次の2四半期と今年の利益を報告した。しかし、2006年の第2四半期にはGatewayは第1四半期に1230万ドル、第7四半期に770万ドルの損失を出した。

それにもかかわらず、同社は依然として多数のPCを出荷している。 Gatewayは米国市場で第3位のPCメーカーであり、6.2%のシェアを持ち、Apple Computerよりも大きい。ガートナーによると、ゲートウエイ社はまた、デル、ヒューレット・パッカード、アップル、レノボ、そして市場全体よりも早い米国の第2四半期に出荷を伸ばした。

Windows 10、MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場を表明した、モビリティ、RazerがインテルKaby Lake CPU、Nvidia Pascalグラフィックスを搭載したBlade、Bladeステルスラップトップ、ハードウェア、Lenovoが2対1タブレット・ヨガ・ブック、ヨガ910コンバーチブル・ラップトップ、Windows 10、MicrosoftのWindows 10 ‘Redstone 2’テスト・ビルド14915がPC、携帯電話

1990年代、Gatewayは世界で最も急速に成長しているPCメーカーの1つでした。一部の四半期で出荷量は20〜30%増加しました。 Dellのように、大量のPCを店舗やインテグレータを迂回してバイヤーに直接販売していました。

1997年には、Compaqの一部となる契約を結んだことで、直接販売が大きな脅威となっていました。

しかし、Dellとは異なり、Gatewayは常にPCをビジネスに売るのが難しかった。その顧客のほとんどは個人または政府機関でした。その結果、ゲートウェイは価格引き下げと成長の必要性に悩まされがちでした。 1999年、創設者のテッド・ウェイト(Ted Waitt)はCEOとして辞任し、AT&TからJeff Weitzenを連れて来ました。 Gatewayはしばらく成長しましたが、消費者は比較的厳しい新しい保証ポリシーに怒り始めました。

2000年後半には、Gatewayは急激な需要の減少に襲われた最初のメーカーの1つでした。その後、店舗を閉鎖し、従業員を解雇し始めた。また、国際市場からも後退しました。

Weitzenは2001年に解雇され、Waittはもう一度引き継いだ。ゲートウェイは家電製品に移行する最初のPCメーカーの1つになりました。それはプラズマテレビの価格を大幅に下げると眉を上げたが、同社はその市場のサムスンやパナソニックのような永久的なライバルには決してならなかった。数年以内に、同社はエレクトロニクスを回収し始めました。

その後、2004年にゲートウェイは、カット率の高いPCを専門とするeMachinesを買収しました。その後Waittは辞任し、同社の経営陣をeMachinesのWayne Inouyeに引き渡した。 Inouye氏は雇用を削減し、ゲートウェイを小売業に押し出した。

2006年2月にInouyeが辞任した。分析者は、彼の出発につながったより高い利益率の商品カテゴリーに移行することができなかったと述べた。

取締役会長、前社長兼CEOのリック・スナイダー(Rick Snyder)氏が暫定CEOに就任しました。

その後、2006年8月、ラップ・シャン「ジョン・フイ」は、PCを小売店に販売するゲートウェイ内のグループを買収するため、450百万ドルの現金を申し出ました。当時ゲートウェイの時価総額は約725百万ドルであった。彼は拒絶された。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を見出した

インテルKaby Lake CPU、Nvidia Pascalグラフィックス搭載のBlade、Bladeステルスラップトップ

Lenovo、2-in-1タブレット・ヨガ・ブック、ヨガ910コンバーチブル・ラップトップを搭載したPCを提供

マイクロソフト社のWindows 10 ‘Redstone 2’テストビルド14915は、PC、電話機で利用可能