キヤノン、港湾ITに「多数株」を取得

オーストラリアは、マネージドサービスおよびクラウドソリューションプロバイダーであるハーバーITにおいて、株式保有の大半を取得しました。

エンタープライズソフトウェア、Sweet SUSE! HPは、Linuxディストリビューションを支えるLinuxディストリビューション、Cloud、Twilioは新しいエンタープライズプランを展開し、CloudはIntel、Ericssonはメディア業界に重点を置くようにパートナーシップを拡大、XeroはBPay支払いのためにMacquarie Bankと提携

港湾ITは2014年10月1日にキヤノングループの一員となります。シドニーに本拠を置く同社は、地域全体で5つの拠点を持つ180人の従業員を擁しており、FY15の売上高は3500万豪州です。

キヤノンビジネスサービスディレクター、クレイグマンソンは、ハーバートITとの関係について全体的なリーダーシップをとり、キヤノンのビジネスサービスゼネラルマネージャーのジョシュワッツ氏は、両事業の日常的な「シナジー」を管理するよう任命される。

同ウェブサイトによると、Mansonは、Harbour ITの株式を取得する決定は、年間売上高が3億3,000万豪ドルのCanon Australiaのビジネスサービス部門を拡張すると述べた。

ハーバーITの株式保有を取得したことで、サービスとソリューションの提供を強化し、顧客基盤を拡大することができ、本当に素晴らしいスキルも得られました。

Mansonは買収により、双方の企業がそれぞれの顧客基盤でクラウドベースのITソリューションと管理されたITソリューションを共有できるようになると同時に、キヤノンのエンドツーエンドのマネージドサービス顧客の提案を強化することになると指摘した。

「多機能複写機のような当社の従来のデバイスは、ワークフローのオン・ランプとオフランプとなっており、お客様との関わり方が変わってきており、ハーバーITをその拡大として取得しています。

Manson氏は、買収の割合や価値についての詳細は明らかにされていないが、Canonは今後数年間Harbour ITの持分を増やす予定であると明らかにした。

買収の一環として、港湾ITは同じ経営陣と構造を持つ独立した事業とブランドのままです。同社はまた、キヤノンの投資、ブランド、リーダーシップ、およびプロダクトスイートの恩恵を受けるとともに、自立と経営の自立を維持します。

ハーバーのIT管理ディレクターであるCraig Bishop氏は、Canonのビジネスに補完的な製品を提供することを期待していると付け加えた。

「私たちは、キヤノンの家族に加わることに非常に興奮しており、これは、オーストラリア市場における管理されたITサービスとクラウドプロバイダーとしての継続的な成長における当然の次のステップであると感じています。

港湾ITは、昨年Pure Storageから提供された新しいフラッシュストレージ技術を試用し、この技術を使ってオールフラッシュストレージクラウドの提供を計画していた最初の顧客でした。

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大

?Xero、BPAY支払いのためにMacquarie Bankと提携