インドネシア、安全保障を強化する必要がある

率直に言って、今年第2四半期のアカマイのインターネット状況レポートを読むのは不愉快な驚きです。

インドネシアは175カ国を含む世界各国の攻撃の発生源と方法を示す四半期調査によると、インドネシアは第2位に下がった中国を追い抜き、攻撃を開始した原発国としてトップを獲得した。

最初の2四半期のデータを比較すると、開始された攻撃の数は、インドネシアからは21%から38%にほぼ倍増しました。中国は第1四半期の34%から33%へと低下した。米国は3位に続き、第2四半期の全攻撃件数の6.9%を占め、前四半期の8.3%から減少しました。

私たちの中には、インドネシアの公的知財の数が600万にものぼり、中国の何百万人も大きくないことを知っている人がいるかもしれません。

この研究では、特定の国のアドレスを乗っ取って侵害されたコンピュータからの攻撃を開始することによって、これらの資産を利用できるハッカーが利用していたIPアドレスが追跡されていたと、アカマイ氏は指摘する。確かに、ハッカーは他の場所にあるかもしれません。

最新の報告書は、インドネシア政府と民間セクターのための起床を呼びかけるものでなければならない。これまで見てきたことから、たとえ国が既に国家安全保障政策を持っていても、サイバー攻撃や脅威に対処することを含めても、これらの政策の実施は改善の余地が非常に大きい。

さらに悪いことに、中程度のITリテラシーを持つユーザーはほんのわずかで、ネチズンの大多数はインターネットの危険性についてほとんど理解しておらず、オンラインでやり取りする方法に不注意があります。彼らは悪意のあるWebサイトを訪問し、アンチウィルスやパーソナルファイアウォールをインストールしないことで自分のパソコンを保護されないままにしておき、悪意のあるハッカーによる個人情報の盗難を容易にし、詐欺、詐欺、盗難などのあらゆる種類の脅威にデータを暴露する。

Akamaiの報告書には緊急行動が必要であることが示されています。関連するステークホルダーは、調査に深く関わって、物理的およびデジタル資産を保護するために必要な動きをフォローアップしたいと考えるかもしれません。

米連邦捜査局(FBI)はCrackasのメンバーを逮捕し、米国政府の役人をハッキングした姿勢を示している;セキュリティ、Wordpressはユーザーに重大なセキュリティホールを修正するように今更新するよう強く促す;セキュリティ、ホワイトハウスは連邦最高情報セキュリティ責任者政府の監視による緊急対応

FBIは、米国の政府関係者をハッキングしたとの態度で、Crackasのメンバーを逮捕した

WordPressは、重要なセキュリティホールを修正するために今アップデートするようユーザに促す

ホワイトハウス、連邦最高情報セキュリティ責任者を任命

国防総省のサイバー緊急対応を批判したペンタゴン