インテル、グリーン電力購入のリードを握る

大手のインテルは、再生可能エネルギー源から年間約1.4キロワットの電気の半分以上を調達しています。これは、米国環境保護局(EPA)によって定期的に発行された最新のグリーンパワートップ50リストによるものです。そして、それはもう一度です。実際、2年前と同じく、このリストを最初に読んで始めたとき、グリーン電力購入者としてのインテルのリーダーシップは明確で防御的でした。

EPAは、太陽光、風力、地熱、バイオガス、低インパクトの水力などの再生可能エネルギー源から発電された電力として、グリーン電力を定義しています。インテルの興味深い点は、さまざまなタイプの代替的な生成技術のすべてを元にしていることです。これは、リストを作成する他の企業が必ずしも実証していない多様な多様性を示しています。

今四半期にトップ10に入ったのはデルでした。テキサスのハードウェアおよびサービス会社は、毎年8月にこのランキングを発表した最後の時から、その姿勢はほとんど変わっていません。テキサス州のハードウェアおよびサービス会社は、毎年約431百万キロワット時のグリーン電力を購入しています。これはそのニーズの129%であり、これは購入の一部が再生可能エネルギークレジットの形で導入されていることを意味します。

ここに最新のリストにある他のハイテク企業(2010年10月初旬現在)とその立場

うん、そうです。 Hewlett-Packard、IBM、Microsoft、Apple、Google、Facebookはありません。これは必ずしもそうではありませんが、これらの企業は再生可能エネルギーを使用していないからです。しかし、その購入は、すべての産業を代表する国家トップ50とグリーン電力の最​​大の地方自治体バイヤーを破るのに十分ではないためです。あなたのビジネスラインがそうであるように、このリストのサイズは重要です。インテルは、明らかに、ファブを実行するために多くの権限を必要としますが、これは私が言及したソフトウェアとWebサービス企業の場合には当てはまりません。しかし、HPとIBMはどうですか?彼らはどこにいる?

M2M市場はブラジルに戻ってくる

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

CIOには誰が影響しますか?ここではトップ20です

No.12 =シスコシステムズで年間270百万キロワット時(29%)、No。 31 = Motorolaは年間119百万キロワット時(32%)、No。 43 = Sprint Nextelは年間8760万キロワット時(3%)、No。 47 =ソニーDADC(毎年8200万キロワット時)(46%)

ANZ銀行、技術エグゼクティブデッキをシャッフル

革新、?M2M市場がブラジルに戻り、コラボレーション、今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何か、CXO、CIOには誰が影響を与えるのか?トップ20はCXO、エグゼクティブデッキをシャッフルするANZ Bank