GoogleはOracleと解決しようとしない

判事の裁判官が、オラクルとGoogleを交渉表に戻して、相次いで起こっている法廷闘争の可能性を解決しようとした後、Googleはアンドロイドの収益の一部をオラクルに提供しようとした。

Googleは、ロイターによると、次の点からなるオラクルに対するオファーを提案したと伝えられている。

最初に、Googleは、問題の2つの特許に対する損害賠償金280万米ドルをオラクルに支払うよう提案しました。さらに、Googleは、1件の特許についてはAndroidの収益から2012年12月までに0.5%、2番目の特許では0.015%を2018年4月まで提供しています。

オラクルは、Androidのモバイル・オペレーティング・システムに登場するJava関連の特許や技術に対してGoogleを訴えている。 Googleの弁護士は、Oracleの所有するJavaの作成者であるSun MicrosystemsとのGoogleの以前の関係について話し合って、繰り返し回答している。 Googleは、Sunが最初からAndroidの大ファンであり、「Javaに関するニュースと言葉を広める」ツールと見なしていると主張した。

それにもかかわらず、オラクルは、この提案をローボールのオファーとして拒否したという。

それは、この事件の一部の信者にとっては少し驚くべきことかもしれない。ちょうど最近、特許訴訟は削減されました。オラクルがこの訴訟でGoogleから1億ドルを引き出すのは幸運なことです。

しかし、おそらくOracleは、Android製品の差し迫った差し迫った差し迫った差し迫った差はあるものの、Googleからさらに多くを獲得するチャンスをまだ持っている可能性があります。

それにもかかわらず、多くの挫折と予定された試行日(2011年10月と2012年3月を含む)の後、2つのシリコンバレーの重錘は、4月16日に北カリフォルニアの地方裁判所に裁判所で戦い続ける可能性が高い。

ウェブサイト経由で

「GoogleのDeepMindは、マシンが人間のように話すことで大きなマイルストーンを主張している

GoogleがApigeeを6億2,500万ドルで買収

BoxはGoogle Docs、Springboardと統合されています

?Google、MicrosoftのEdgeバッテリーの主張を反駁:Chrome on Surface

人工知能;?GoogleのDeepMindは、人間と同じように機械を話す主要なマイルストーンを主張している;開発者、GoogleはApigeeを6億2,500万ドルで買収した; CloudはGoogle Docs、Springboard、Mobilityと統合している。