Fujitsu Siemens Stylistic ST5022レビュー

富士通シーメンスは、ペンベースのコンピューティングのスペシャリストであり、コンバーチブルおよびスレートスタイルのタブレットPCを製品ラインナップに取り入れています。スレート・タブレットのStylisticの範囲は、ちょうどリフレッシュされており、範囲のトップ3のモデルであるST5022を調べました。これには指紋認識が組み込まれています。

デザイン;それはスレートスタイルのタブレットなので、このデバイスに組み込まれているキーボードはありません。ソフトウェアとのやりとりは、スタイラスで画面をタップすることです。ほとんどの人はStylistic ST5022を縦向きの12.1インチ画面で使用します。この場合、大きなリムーバブルバッテリーが底部にあり、スタイラスは右上端部に収納されます。タブレットPCの画面はタッチスクリーン式ではありません(ハンドヘルドの画面とは異なります)ので、スタイラスを使用してアプリケーションとやりとりする必要があります。幸運にも、これはストラップ付きのシステムユニットに接続されており、誤操作はしにくいです。タブレットは縦向きだけでなく横向きにも対応しなければならないため、すべてのボタンとポートを人間工学的に配置することは難しい課題です。この場合、オプションの – やや薄暗い赤外線キーボード(£89の元VAT)が必要になるという複雑な問題があります。したがって、両側の長辺には赤外線コネクタがあり、上部にSDカード/メモリースティックスロットの横にあります(ポートレートモードの場合)。また、上端には1つのPCカードスロットが収納され、その下にきれいに収納され、データのセキュリティを確保するためのスマートカード用のスロットとなっています;ランドスケープモードのトップを形成する長辺には2つのUSB 2.0ポート、マイクジャック、FireWire(IEEE 1394)ポート、VGA出力ポート(ゴム製カバーで保護)、イーサネット(RJ-45)コネクタ、モデム(RJ-11)コネクタなどがあります。タブレットを縦向きにして、右側には、電源ボタンと2つのボタンバンクがあります。下部バンクは、2つのナビゲーションロッカー(カーソルの上/下とページの上/下)で構成されています。上のバンクは、さまざまなソフトウェアを起動したり、画面の向きを変更したり、システム設定を変更するなど、スタイラスを使わずに他の操作を実行できるアプリケーションボタンのセットです。反対側の端には指紋センサーStylistic ST5022で利用可能です。最後に、背面には内蔵Bluetoothと802.11a / b / gワイヤレスネットワークモジュール用のオン/オフスイッチがあります(モデルによって構成は異なります)。オプションのドッキングステーションがありますが、縦長モードと横長モードの両方で画面を向けるためのスイベル機構。モジュラー光学ドライブベイが含まれ、追加のポートとコネクターがあります。 DVD-ROM / CD-RWコンボユニットでは、オプティカルドライブ構成の選択肢が得られます。価格は249.25ポンド(元VAT)です。

特長;最新鋭のStylistic ST5022モデルは、2MBのレベル2キャッシュと400MHzのフロントサイドバス(FSB)を備えた1.1GHz超低電圧Intel Pentium M 733プロセッサを使用しています。レビューシステムには512MBのRAMが搭載されており、最大2GBをインストールできます。ハードドライブの容量は40GB〜80GB(40GBと60GBのオプションは4,200rpm、80GBのドライブは5,400rpmのスピン、60GBのドライブがあります)の範囲です。グラフィックスは、インテルの内蔵855GMEチップセットのExtreme Graphics 2モジュールで処理されますが、システムのメインメモリを最大64MBまで動的に使用できます;スタイリスティックST502xシリーズにはいくつかの画面オプションがあります。エントリーレベルのST5020とトップエンドのST5022モデルは12.1インチです。ミッドレンジのST5021は10.4インチの透過型TFTディスプレイを搭載しています。屋外での使用に最適なフロントライト付き反射型TFT富士通シーメンスは、透過型XGA解像度のスクリーンに反射防止コーティングを施しているため、屋外での視認性を向上させることができました。 Norton Ghost 2003とCorel Grafigo(図やその他の手書きコンテンツの制作用)を含むソフトウェアスイートです。

パフォーマンスとバッテリ寿命;タブレットPCは、小さくて軽くて長時間持ち運びが可能です。幅22cm、高さ32.4cm、高さ2.09-2.49cm、体重1.55kgで、腕の邪魔にならないように心がけることができますが、理想的にはより軽くコンパクトになります。比較のために、富士通シーメンスのコンバーチブルT4010Cは、29.3cm×24.4cm×3.5-3.75cm、重さは2kgです。標準的なMobileMark 2002のベンチマークを実行しようとしたが、テストは繰り返し完了しませんでした – それでも、大きな味方に触れることに加えて、Stylistic ST5022は、 Fujitsu Siemensのソフトウェアバンドル(MobileMarkのチョークの一般的な理由は、インストールされている他のソフトウェアの存在)のほとんどを取り除くことです。しかし、使用すると、Stylistic ST5022は、メインストリームのビジネス・アプリケーションを実行するのに十分なパワーを持っていることがわかりました。 RAMを512MBから1GB以上にすると応答性は向上しますが、Intel 915GMチップセットのパフォーマンスの優れたグラフィックス・メディア・アクセラレーター900に取って代わられているExtreme Graphics 2モジュールには悩まされます。最新のソノマ・プラットフォーム).MobileMark 2002の結果がなければ、正式なバッテリ寿命の数字は報告できません。Fujitsu Siemensは、レビューシステムに付属の9セル、7,200mAhの拡張寿命のLi-ionバッテリでは最大9時間標準バッテリは6セル、4,800mAhです。

結論;スタイリスティックST5022は、寛大な3年間の保証が付いており、人間工学に優れており、スタイラスのストラップは素晴らしいディテールです。一方、少し大きめで、長時間使用すると熱くなります。また、反射防止コーティングが施されているにもかかわらず、スクリーンは屋外でも十分に機能しません。屋外での視認性が本当に必要な場合は、反射型TFTスクリーンでST5021モデルをお試しください。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン