EMCがインターネット駆動経済をサポート

シンガポール、1999年11月3日 – EMC Corporationは、明日のインターネット駆動経済のためのコアインフラのプロバイダーとしての役割を強化するため、3つの新しいイニシアチブを発表しました。

Oracleとのより深い提携 – 両社は4年間の提携を拡大し、インターネットベースのデータベースおよびストレージシステムソリューションのノウハウを活用しています。フルタイムのエンジニアリングを行うEMC Strategic Business Unitと共同開発センター、Oracle8iとEMCのエンタープライズ・ストレージ・システムを最適化して統合するための提携リソース、ソフトウェアを提供します。

EMC ControlCentreソフトウェア – 企業がすべての情報を遠隔地またはそれ以上に管理する中央集中型のビューを提供する新しいエンタープライズ情報管理ソフトウェア、インターネット。 ControlCentreは、Bull OpenMaster、CA Unicenter TNG、Hewlett-Packard OpenView、IBM Tivoli TMEのようなフレームワークで、EMCの既存および将来の管理ソフトウェアをすべて実装するための単一のユーザーコンソールを提供することができます。

Eインフォストラクチャー・プログラム – インフラストラクチャー投資を活用するための新しいインターネット・インフラストラクチャーの検証および協調的なマーケティング・プログラムです。プログラムはピーク時に動作するために必要なEインフォメーションを持つEMCインターネット・ベースの顧客を認識し、効率的で、絶え間なく変化するビジネス環境に適応し、インターネット主導の成長を容易に管理します。メンバー企業は、EMCの実証済みのロゴをWebサイトおよびプロモーション資料に表示し、EMCと共同マーケティング活動に参加します。

既存のE-Infostructure Developers Programが強化され、顧客がサードパーティのソフトウェアをEMCエンタープライズストレージに迅速に統合できるようになり、新しく拡張されたアプリケーションプログラミングインターフェイスがすぐに利用できるようになりました。ソフトウェア開発者がEMCのSymmetrix、Enterprise Storageシステムおよびソフトウェアの高度な機能を活用するためのソフトウェア・パスを構築するのに役立ちます。

マイケル・デル、VMware社の取締役会会長に就任

VMwareがvSphereを強化し、Horizo​​n、Workspace ONE製品を更新

ストレージは内向きに見える:今日のアクションはサーバーの内側にあり、SAN上にはない

クラウド、マイケル・デルがVMware社の会長に就任、仮想化、VMware社がvSphereを強化、ホライズン、ワークスペースONE製品のアップデート、ストレージ、ストレージが内向き:今日のアクションはサーバー内でSANではなくストレージであるデル合併投票

デルの合併の投票に先立ち、EMC Q2の売上高は横ばい