インドのベンダーがユーザー認証用のセキュリティセンターを構築

eMudhraはバンガロールに3つのセキュリティセンターを設立し、サイバー詐欺に対処するため、TrustFactorのオンライン資格を直接消費者に配布する予定です。

セキュリティベンダーの消費者サービスの最高経営責任者(CEO)、Kalaivani Chittaranjanは、バンガロールの向こうに、Koramangala、HSR Layout、Indira Nagarの人口の多い郊外に、ムンバイとチェンナイに拠点を移転する予定だという。

eMudhraは、取引をオンラインで安全に行うために使用できる暗号化されたトークンを発行する前に、銀行との顧客の身元を確認します。同センターは、デジタル署名証明書が正しいオンラインバンキング顧客に発行されることを保証している、とChittaranjanは述べている。

「このセンターは、犯罪のないサイバーバンキングを保証する、TrustFactorのラストマイル登録を顧客に提供する」と彼女は語った。

eMudhraによると、Trustfactorの機能には、認証サーバー、デジタル署名証明書、カスタマイズされた暗号トークンが含まれます。また、銀行が好む銀行支店や他の場所に展開できるキオスクとしてセキュリティセンターを複製できると付け加えた。

ベンダーは、Trustfactorの提供は、銀行が電子バンキングのための電子署名証明書に基づく認証を実施するためのインド準備銀行との義務に沿っていると付け加えた。

最近のZee Research Group(ZRG)の調査では、2012年にサイバー犯罪者がインド人から910万ドル(5億2000万ルピー)を奪ったことがわかりました。

M2M市場はブラジルに戻ってくる

革新、?M2M市場がブラジルに戻ってくる、セキュリティー、FBIがCrackasのメンバーを逮捕米政府関係者のハッキングに対する態度、セキュリティ、Wordpressはユーザーに重大なセキュリティホールを修正するように今更新するよう強く促し、ホワイトハウスは連邦最高責任者情報セキュリティ責任者

FBIは、米国の政府関係者をハッキングしたとの態度で、Crackasのメンバーを逮捕した

WordPressは、重要なセキュリティホールを修正するために今アップデートするようユーザに促す

ホワイトハウス、連邦最高情報セキュリティ責任者を任命