インドでBYODを推進する製品の混乱

ガートナーの調査によると、2013年までにインドはブラジルと中国に次いで、職場で3番目に大きなパーソナル・デバイスを採用する可能性が高いという。これらの知見は、BYOD(bring-your-own-device)モデルを採用している企業が増えていることを示すさまざまなニュースレポートで支持されています。

BYODツールが課題に取り組む

企業は、デスクトップ仮想化だけでなく、移動管理とセキュリティツールを採用して、BYODの挑戦に対処しています。例えば、Thermaxは先月、Citrixのデスクトップ仮想化製品を実装しました。プネーを拠点とするエネルギー環境メジャーは、インド国内外に5つの製造施設を有しています。 NDTV、HDFC Bank、Genpact、Essar Group、Perfetti Van Melle、Indraprastha Apollo Hospitalなどの企業もこのソフトウェアを導入したと言われています。

Thermax CIOのAnil Nadkarni氏は、次のように述べています。「徹底した市場評価の結果、ITインフラストラクチャのアップグレードではなく、Citrixデスクトップ仮想化ソリューションを導入することに決定しました。いつでもどこでもアクセスできるため、会社の意思決定が大幅に改善されました。

セキュリティはBYODの最重要課題です。モバイルプラットフォームでのデータ漏洩のリスクは特に高いです。一部のモバイルデバイスはクラウド内のデータを共有するように設計されており、アプリケーションが共有する汎用ファイルシステムを持たないため、アプリケーション間で容易にデータを複製したり、アプリケーションとクラウド間でデータを移動させる可能性が高くなります。

BYODの採用は世界中で広く異なります。ガートナーによると、米国の企業は、BYODが全地域の中で最も低い割合を占めているヨーロッパの企業ほど、BYODを許可する可能性が2倍高い。対照的に、インド、中国、ブラジルの従業員は、職場での標準的な携帯電話などのパーソナルデバイスを使用する可能性が最も高いです。

SAPは水曜日、エンタープライズ・モビリティ管理ソフトウェア・ポートフォリオであるSAPモバイル・セキュアを発表し、顧客にデバイス、アプリケーション、およびコンテンツのエンタープライズ・レベルのセキュリティを提供するように設計されました。この新しいポートフォリオは、今日の最も一般的なモバイルデバイスのユーザーにとって、モバイルエクスペリエンスを最適化します。

SAP Mobile Securityはモバイルデバイス管理ツールであるSAP Afariaのクラウド版を使用した新しいSaaS(Software-as-a-Service)製品を提供し、モバイルデバイスを1デバイスあたり1ユーロ。

同様に、火曜日に、NetAppは、NetAppストレージシステムに保存されたデータへのセキュアで瞬時で簡単なモバイルアクセスを可能にする新製品 – Net App Connectを発表し、ポートフォリオを拡大しました。

モビリティ、レビュー:お客様を喜ばせたいビジネス向けのRomossポータブル充電ステーション;独自のデバイスの持ち込み; BYODユーザー:iOS 10またはAndroid Nougatベータ版を使用しないでください;クラウド;より効果的で効果的なデジタルワークプレイスを実現できますか? ;ハードウェア; Chromebookは新しい「それだけで動作する」プラットフォームです

企業ファイアウォールの背後にすべてのデータを安全に保管し、クラウドにコピーしないことで、NetApp Connectは企業のITに必要な厳しいセキュリティと制御を維持しながら、企業データへのモバイルアクセスを提供します。

もう1つのベンダーi7 Networksが5月2日にPeregrine-Guardを立ち上げました。このソフトウェアにより、IT部門は、デバイスとネットワークパケットから出てくる情報とデバイスの動作をタップする三角法を使用して、ネットワークにアクセスするデバイスを監視することができます。たとえば、デバイスが会社のWi-Fiネットワークに接続しようとすると、ソフトウェアはネットワークに接続しようとしているデバイスを特定できます。また、デバイスが刑務所に壊れているのか、ルートになっているのかを特定することもできます。また、デバイスにマルウェアが存在するかどうかを判断することもできます。

さらに、BlackBerry、Bharti Airtel、Vodafone Indiaなどの電気通信サービスプロバイダは、セキュリティ上の懸念に対処するために宣伝されている独自のBYOD製品を持っています。 BlackBerryには、IT管理者がリモートでデータをロックして消去できるようにする「バランス」技術があり、機密情報を保護します。 Airtelには、社員がEメール、データアプリケーション、文書などの情報を区画化することによって公式データと個人データを同じデバイス上に分離できるようにするAirtel Dynamic Mobile Exchange(DME)があります。 Vodafone Indiaには同様の製品であるVodafone Secure Device Managerがあり、アプリケーションのダウンロード、音声、データなどのデバイスの使用状況を追跡することもできます。

レビュー:顧客を喜ばせるビジネスのためのロムスポータブル充電ステーション

BYODユーザー:iOS 10またはAndroid Nougatベータ版を使用しないでください

より良い、より効果的なデジタルワークプレイスを実現できますか?

Chromebookは新しい「それだけで動作する」プラットフォームです