インテル®Ivy BridgeデスクトップPCプロセッサについて、2012年第2四半期に発表

インテルのSandy Bridgeプロセッサの後継製品についての詳細情報が明らかになりました。 Ivy Bridgeと名付けられた22nmプロセッサは、従来の製品と比較して優れたグラフィックスパワーとエネルギー効率を約束しています。現在は、製品名や仕様の一部を知っています。

最初のIvy Bridgeデスクトップチップは、今年の第2四半期に登場する予定であり(以前はQ1に登場すると噂されていました)、Core i5とCore i7のバージョンが含まれます。これらはすべてクアッドコア。ファミリは、Core i5 3300,3400、および3500シリーズとCore i7 3700シリーズで構成されます。 Core i5チップにはIntel 2500 HDグラフィックスが、Core i7チップにはIntel 4000 HDグラフィックスが搭載されています。新しい統合されたグラフィックスはSandy Bridgeのものより30%高いパフォーマンスを持ち、DirectX 11と互換性があると思われます。

デュアルコアのCore i5-3470Tを除き、他のCore i5には6MBのキャッシュと2.7GHz〜3.4GHzのクロック速度が搭載されます。 Core i7には8GBのキャッシュと2.5GHz(45W i7-3770Tの場合)から3.5GHzのクロック速度が含まれます。 i5-3570Kに加えて、i7-3770Kはオーバークロックを容易にするためにロック解除されます。おそらく最も印象的なのは、トップエンドi7-3770KのTDPがわずか77Wで、他の多くの初期アイビーブリッジ製品は65Wです。

インテルはこれらの漏えいした計画を公に認めないが、X-bitラボで詳細を見つけることができるので、おそらくCESまで待つ必要があるだろう。

プロセッサー、4K UHDを普及させるための第7世代プロセッサーの発売、プロセッサー、ビジョンとニューラルネットによるより強力なチップの需要の推進、データセンター、NVIDIAの仮想GPU監視、分析、ハードウェア、AMDのZen

インテル、4K UHDを大衆に押しつける第7世代プロセッサを発表

ビジョンとニューラルネットがより強力なチップの需要を押し上げる

NVIDIA、仮想GPU監視、分析を開始

AMD、IntelとZenの優位性を打ち消す